日本銀行本店

nichigin16
日本銀行本店
1896年(明治29年)
設計:辰野金吾
1974年、重要文化財に指定。

「日本銀行、中央停車場、国会議事堂を設計したい」と言った辰野金吾。
実際に3つのうち3つまで建てているのだからすごい。
(国会議事堂は、自ら開催を主張したコンペの審査委員として参加、
コンペの第一次審査が終了した数日後、1919年(大正8年)に亡くなりました。)

辰野金吾は、工部大学校造家学科の第一期卒業生(しかも主席)。
それまでの外国人建築家ではなく、西洋建築を学んだ日本人建築家による
国家建築ということで、プレッシャーもそうとうあったはず。
欧米に1年あまり出張し、各国の中央銀行を視察、
設計に2年、施工に6年かかっています。

柱やドームなどのバロック様式に、規則正しく並ぶ窓などのルネッサンス様式を
取り入れたネオバロック様式。ベルギーの中央銀行を手本にしたと言われている。
当初は総石造りの予定だったが、地震対策のため、1階は石造り、
2、3階は煉瓦の外側に花崗岩を貼り付け軽量化を図っている。
当時としてはめずらしいエレベーターや水洗トイレの設備を導入。
エレベーターは日本で2番目、水洗トイレは日本で最初に設置されたそうです。

nichigin17
東側は1932年(昭和7年)に辰野の弟子、長野宇平治によって設計された増築部分。
デザインに統一感があるので違和感はあまりないが、
正面から見たときに左右対称ではなくなってしまう。

nichigin01
日本人建築家による最初の本格的洋風建築ということもあり、
いろいろ言われた日本銀行。
「2本のオーダーを並べているのに迫力がない」というのもそのひとつ。

nichigin02
ペディメントに何にもないのも寂しいです。

nichigin03
中央のドームもあまり目立たない。
1923年(大正12年)の関東大震災で、建物自体は無事だったものの
近隣の火災でドームが焼失。その後、復元されている。

nichigin04
正面玄関は建物に囲まれた中庭から入るようになっており、外からは見えない。
建物の性格上、安全性を高めている訳ですが、
その堅牢さは、銀行というより牢獄っぽい。

nichigin08
外堀通り側。
左側に写っているのは1973年に完成した新館。実際の業務は新館に移っている。
この新館のモダンなデザインも結構好き。第15回BCS賞を受賞。

nichigin09
同じく外堀通り側。

nichigin05
長野宇平治によって増築された3号館。
この3号館を見たとき、「いろいろ言われてるけど悪くないじゃん」と思いましたが、
辰野金吾の設計ではなく、弟子のほうだったんですね。
師匠のデザインと統一感を持ちつつ、それを超えるあたりがすごい。

nichigin06
ベランダ(?)。

nichigin18
3号館を日銀通り側から眺める。

nichigin10
日銀通り。
建物の角の段差がいい味だしてます。

nichigin11
同じく日銀通り側。

nichigin13
日銀通り側。おそらく2号館。

nichigin07
ここもちょっと要塞っぽい。

nichigin14
日銀通り。
日本銀行の向かいに三井本館。その向こうに三越本店。
さらに向こうにコレド日本橋が見える。

nichigin15b
2004年10月よりライトアップが開始。
ドームの部分だけライトの色が違うが、
向かいにある日本銀行分館の上からライトを当てている。

歴史ある建物なのでエピソードもいっぱい。

辰野金吾は上京する前に唐津藩で英語を学んでいますが、
そのときの教師が高橋是清(ちなみに同級生は曽禰達蔵)。
上京した2人は高橋是清の勧めあり、工学寮(後の工部大学校)に入学。
その後、銀山で失敗した高橋是清は、日銀総裁、川田小一郎の勧めで
日銀本館プロジェクトの事務員として入社。
かつての教え子、辰野の元で働くことになる。
総石造りを主張する川田総裁に対し、2、3階部分を煉瓦造りにし、
花崗岩を貼り付けるという案を出したのも高橋是清だという。
また、慣れない花崗岩に時間がかかっていたところ、
石工の親方4人を東西南北にふりわけ、早くできた組に報奨金を出す
と言って競争させたのも高橋是清だった。
その後、高橋是清は日銀総裁、大蔵大臣に就任、二・二六事件で暗殺されます。

地下金庫の扉を作ったアメリカのヨーク社の社長は
第2次世界大戦の際に、出兵する息子に
「日本に上陸したら、日本銀行の扉が円滑に動いているか見てきて欲しい。
あれは当社で作ったものだから不備があったら面目ないから」と伝え、
戦後、息子は日本銀行を訪れて、金庫の扉を確認し、
日本銀行はヨーク社の責任感に感銘を受けた。
というエピソードが日本銀行バーチャル見学ツアーに載ってましたが、
戦争に行こうという息子に言う台詞だろうか……。

三井本館

mitsui01
三井本館
1929年(昭和4年)
設計:トローブリッジ・アンド・リヴィングストン事務所(ニューヨーク)
施工:ジェームス・スチュアート社(ニューヨーク)
1998年、重要文化財に指定。

1872年(明治5年)、日本橋海運橋(今の日本橋兜町)に、
二代清水喜助の設計施工で、三井組による日本初の銀行「三井組ハウス」が竣工。
三井組ハウスは完成後すぐに、国立第一銀行に譲渡。
その譲渡金で三井呉服店があった場所(今の三井本館の敷地)に、
1874年(明治7年)、「為替バンク三井組」を二代喜助の設計施工で建設。
1896年(明治29年)、為替バンク三井組を取り壊し、
1902年(明治35年)、横河民輔の設計で旧三井本館が完成。
1923年(大正12年)の関東大震災で建物内部を焼失、修復は十分可能だったが、
当時の三井組理事長、團琢磨は新しい建物を作ることを決意。
アメリカにおける古典様式の銀行建築をめざし、アメリカの会社に設計施工を依頼する。

新築にあたり團琢磨は、
「Grandeur=壮麗」なものを作る
「Dignity=尊厳」三井というもの尊厳を表す
「Simplicity=簡素」であること、あまりオーバーな装飾はつけない
という注文を出す。
結果、コリント式オーダーを用いたアメリカ風古典様式の建物が完成。
日本橋倶楽部連続講演より引用。

mitsui02

mitsui04
アカンサスの葉の装飾を施したコリント式を採用。
柱は外壁と同じく稲田御影石で作られ、全部で22本ある。

mitsui14
レリーフは、ショベル(鉱業)、マーキュリーと杖(商業)、
紡織機(生産)、調色板(美術、建築)、錨(海運)、蜂の巣(倹約、勤勉)、
歯車(機械工業)、翼(運輸)、地球儀、定規(算数)、鍬と麦束(農業)、
秤と鍵(為替、財宝の保管者)、蒸留器、試験管(化学工業)
という意味があり、三井の事業を表現している。

mitsui03

mitsui07
太い柱が林立する様子は圧巻。これでこそ古典様式。

mitsui08
ちなみに三井本館のデザインポリシーを決定した團琢磨は、
三井三池炭鉱の発展に寄与した人で、
日本工業倶楽部の理事長、日本経済連盟の会長などを勤めますが、
昭和7年、三井合名会社へ出社するために三井本館へ入ろうとした時、
血盟団のメンバー、菱沼五郎に撃たれて死亡しています。

mitsui13
中央通り側。隣りは三越本店。

mitsui12
日本橋三井タワー
竣工:2005年7月29日

1997年、文化庁から重要文化財の指定を打診され、検討の結果、
三井本館を保存する代わり、隣接地にタワー型の超高層ビルを開発することとなる。
“重要文化財特別型特定街区制度”の適用第一号として容積率緩和を受け、
さらに2003年に改正された“ハートビル法”の容積特例により、実質容積率は2300%。
地上39階の超高層ビルが可能となった。
9月から千疋屋総本店をはじめショッピングエリアが順次オープン。
タワー3階、30~38階にはマンダリン オリエンタル ホテル 東京が12月開業予定。
コレド日本橋とともに日本橋再生の起爆剤として注目されている。

mitsui05
新館と三井本館はアトリウムで結ばれる。
タワー建設にともない、三井本館のリニューアル工事が行なわれ
6階に三井記念美術館、
4階にはマンダリン オリエンタル ホテル 東京のバンケットルームがオープンする。

mitsui06
新館は現代的デザインながら、高さなど本館と統一感があり、
三越本館、三井本館、日本橋三井タワーが綺麗に並ぶ。

mitsui11
私が見に行ったときはリニューアル工事と地下道路のバリアフリー工事の真っ最中。
三井記念美術館は10月8日オープン予定。
外観および、内装、建設時の写真が三井本館のサイトで見られます。
このサイトはよくできているのでオススメ。

mitsui09
ライトアップのお手本のようなライトアップ。
近代建築はライトアップすると、美しさが増しますが、
三井本館は柱が作り出す影が特に綺麗。

mitsui10


三越本館

mitsukoshi01
三越本館
1927年(昭和2年)
設計:中村伝治(横河工務所)
1999年、東京都選定歴史的建造物

※設計年については以下のように増改築をくりかえしているので、諸説あり。
建築系のサイトでは1927年としているものが多いが、
三越のサイトには「現在の建物は1935年に増改築したもの」と書かれている。
設計者についても横河民輔と書かれているサイトが多い。

1637年(延宝元年)、伊勢松坂の呉服商、三井高利が
日本橋本町1丁目に「越後屋」を開業。
1904年(明治37年)、日本初のデパートメントストア方式を採用した百貨店として、
株式会社「三越呉服店」を設立。
1914年(大正3年)、本館完成。玄関に青銅のライオンが飾られる。
1921年(大正10年)、西館を増築。
1927年(昭和2年)、関東大震災で焼かれた全館を修復。
日本初の自動扉エレベーター、新式エスカレーターを設置。
1935年(昭和10年)、6年の歳月を費やし増築改修。
2004年10月、本館リニューアルに加え、新館が新たにオープン。

mitsukoshi03
中央通り側正面。
増改築をくりかえしていますが、1914年の本館も横河工務所による設計。
百貨店という新たな店舗経営の形を、越後屋呉服店に提案したのも
横河民輔だと言われている。

mitsukoshi04
館内は撮影禁止なので遠慮しましたが、
5階吹き抜けの中央ホールはぜひ見ておくべき。
そのほか、大理石の使われている階段や、
レトロなデザインを残すエレベーターやトイレなど、雰囲気のある店内です。

mitsukoshi05

mitsukoshi02
ライオン像
三越百貨店の支配人、日比翁助が百貨店準備のため
欧米を視察した際にイギリスで注文。
ロンドンのトラファルガー広場にあるネルソン記念塔の4頭の獅子像がモデルとされ、
英国の彫刻家メリフィールドが型どり、バルトンが鋳造。
ライオンくんの説明には「誰にも見られずに背中に乗ることができたら
受験に成功するという噂もある」と書かれていましたが、昼間は無理だろう。

mitsukoshi06
百貨店だからしかたがないが、ちょっとやりすぎ感のあるライトアップ。

mitsukoshi07


日本橋

nihonbashi01
日本橋
1911年(明治44年)
設計:米元晋一
意匠設計:妻木頼黄
1999年、重要文化財に指定。

1603年(慶長8年)、徳川家康の代に日本橋がかけられ、
全国各地へ通じる街道の始まりの位置とされる。当時は木造。
1911年(明治44年)、現在の石造橋が架設。
東京市技師の米元晋一が主任技師として橋梁設計及び工事を監督。
装飾部は、妻木頼黄の考案に基づき、東京美術学校が製作。

nihonbashi32
ルネッサンス様式の花崗岩のアーチ式橋。
御影石を使った石の橋は、現在、東京に2つ残されており、
その2つが日銀前の旧常磐橋とこの日本橋。

日本橋の銘は徳川慶喜の筆。
架設時に橋中央に立てられた“東京市道路元標”は、
昭和42年、日本橋通りの整備に伴い、橋の北西側たもとに移設。
代わりに50cm四方のブロンズ製の“日本国道路元標”がはめ込まれており、
これは当時の総理大臣、佐藤栄作の筆によるもの。

nihonbashi02
獅子と麒麟は手向山の運慶作を模したもの。
獅子は“守護”を現わしているとか。
獅子がもっているのは東京市の紋章。

nihonbashi03

nihonbashi04
グリフィンだと思っていたら麒麟。繁栄を現わす。

nihonbashi05
さらに、街道の起点の意味で、松と榎がデザインされている。

nihonbashi06
1964年の東京オリンピック開催に際し、高速道路を建設。
準備期間が短かったため、新に用地取得の必要がない
川の上空が高速道路の用地となった。
現在、日本橋再生の一環として、高速道路を移設し、
景観を取り戻そうという動きも起こっている。

nihonbashi07
ライトアップ。

nihonbashi08

日本橋再訪

日本橋界隈には前にも来ていますが、日本銀行本店三井本館三越本店などを
見るついでに再訪。コレド日本橋と日本橋高島屋についてはまた後日。
すでに掲載済みの建物とほぼ同じですが、まあ、写真が違うので(笑)。
建物の詳細については以前のページをご覧下さい。

nihonbashi09
野村證券本店(旧日本橋野村ビル)
1930年(昭和5年)
設計:安井武雄
施工:大林組

「外壁のタイルの色調や陶器瓦(テラカッタ)の腰蛇腹などに
“土”の温かみは残してはいるものの、窓にも玄関にも装飾は全く姿を消し、
外観はただ量感(マッス)としての造形表現を厳しく追及している。
足元と頭を軽く中間を重くし、全体から部分にわたって、形の比例(プロポーション)、
垂直・水平の対比調和を厳しく追及する動的均整(ダイナミック・シンメトリー)の
設計手法が外観デザインの基本に据えられている。」
安井建築設計事務所のサイトより引用

nihonbashi10
野村證券本店と日本橋御幸ビル(旧日本橋東海ビル)
江戸時代、このあたりには晒刑場があったらしい。

kabuto21
日本橋御幸ビルの裏手にあるレトロな入口。
旧村井銀行のものを一部保存。
村井銀行は昭和2年に倒産。

nihonbashi11
日本橋御幸ビルの隣は老舗の寝具店日本橋西川ビル
その向こうはコレド日本橋

nihonbashi12
正面から見ると小さく見える野村證券本店だが、横はかなり長い。

nihonbashi13
江戸橋側の野村證券。後から建てられたものだろうが統一感のある作り。

nihonbashi14
大好き三菱倉庫ビル(旧江戸橋倉庫)
右隣りは“郵便発祥の地”である日本橋郵便局

nihonbashi15

nihonbashi26

nihonbashi21
江戸橋から見た三菱倉庫ビル。

nihonbashi16
日証館

nihonbashi17

nihonbashi18
川の向こうから日証館を眺めてみる。

nihonbashi19
上の写真を撮ろうとうろうろしていたときに見つけた素敵な看板建築。

nihonbashi20
お店の名前が「喫茶・軽食 桃乳舎」だから桃。素敵。

nihonbashi22
成瀬証券

nihonbashi23

nihonbashi24
山二証券

nihonbashi25

nihonbashi27
東京証券取引所
この近くにあった金万証券、山吉証券の建物はすでにありません。

nihonbashi28
日本橋に戻って柳屋ビルディング
1964年
丸善が入居していたのであれ?と思ったら、
日本橋丸善は建て替え中。

nihonbashi29
柳屋ビルディングライトアップ。

nihonbashi30
コレド日本橋ライトアップ。

nihonbashi31
野村證券本店ライトアップ。

東京証券取引所

kabuto14
東京証券取引所
1988年(昭和63年)
設計:三菱地所

とりあえず、ここが兜町散策スタート地点の東京証券取引所。
お昼どきだから人がいないのかと思ったら、
1999年の株券売買立会場の閉鎖にともない、
2000年からは東証Arrowsというショールームになっているそうです。
内装デザインは近藤康夫。

元の東京証券取引所(昭和2年設立)は、
日証館と同じ横河工務所の設計による素敵な近代建築だったらしいですが、
今の東京証券取引所は、重厚な感じはあるもののややバブリー。

kabuto15
左に続くのが東京証券取引所の重厚な壁。
奥に見えるのが日証館

kabuto16
東京証券取引所の裏手にあたる通り。
右にちょっと写っているのが山二証券


日証館

kabuto17
日証館
1928年(昭和3年)
設計:横河工務所
施行:清水組

kabuto18
戦後、株式取引所がアメリカに占拠されていた時期は
ヤミ取引所として使われていたという日証館。
ベネチアを意識したというアーチが美しい。
昔は反対側の川から見れば、川にかかった橋のように見えたそうだ。

兜町

kabuto11
山二証券(左)、成瀬証券(右)。
どちらも当時の銀行建築の第一人者、西村好時の設計。
2つ並ぶとここだけ時代が違う。

仕事で近くまで行ったので兜町散策をしてきました。
前日に地図でだいたいの場所はチェックしておいたのですが、
「○○証券なんて名前の古い建物、すぐにみつかるだろう」と簡単に考えてました。

ところが、いざ到着してみたら、そこは東京証券取引所のある株式の中心地。
まわりは日興コーディアル証券だの、明和証券、十字屋証券、岡三證券、三木証券、
……と株式ニュースのスポンサーですかってくらいにどっちを見ても証券会社だらけ。
おまけに銀行発祥の地とか郵便発祥の地の記念碑があるくらい
歴史のある地域なので、古い建物もあちらこちらに。
しばらくお目当ての建物を探してうろうろしました。

それでも、見つけたときには、さすがにすぐにそれとわかる存在感。
山二証券と成瀬証券、並んだ姿はそこだけ時代が違う。
家に帰ってから、もうひとつ金万証券も近くにあったことに気がついたのですが、
「それらしい建物はなかったよな」とよく考えてみたら、向かいの建物は工事中でした。
取り壊されたりしてないといいけど。

kabuto07
山二証券
設立:大正末
設計:西村好時
施行:清水組

kabuto05

kabuto08

kabuto10
窓のレリーフとかベージュのレンガ(スペイン瓦?)とか、細部が素敵な山二証券。

kabuto06

kabuto09

kabuto12
成瀬証券
1935年(昭和10年)
設計:西村好時
施行:清水組

kabuto13

三菱倉庫ビル

kabuto02
三菱倉庫ビル(旧江戸橋倉庫)
1930年(昭和5年)
設計:三菱倉庫建築課
施行:竹中工務店

客船を意識したという三菱倉庫ビル。
どこが船かと言われると、屋上の煙突みたいな(ブリッジ?)ところでしょうか。

kabuto01

kabuto03
この窓のデザインがかわいい。

kabuto04
こちらも曲線デザインの窓。
丸くバルコニーになってるところが優しい感じ。


野村證券本店

kabuto22
野村證券本店(旧日本橋野村ビル)
1930年(昭和5年)
設計:安井武雄
施行:大林組

kabuto19
日本橋
1911年(明治44年)
設計:妻木頼黄

日証館三菱倉庫ビルを川沿いにさらに行くと、
野村證券本社、そしてその目の前が日本橋になります。

三菱倉庫ビル、野村證券本社とも1930年の設立なので
その時代にはここらへんは
ビジネス街の中心地として栄えていたんだろうなと思います。
そして、ここらへんのビルのすごいところはまだまだ現役として使われていること。

東京証券取引所がショールームになったり、
新しいビルが古いビルを飲み込んだりしながら
兜町・日本橋界隈はビジネス街として生き続けているのかなとも思います。