汐留シティセンター

shiodome25
汐留シティセンター
2003年4月
建築主:アルダニーインベスツメンツ・ピーティーイー・リミテッド、三井不動産、松下電工
設計:ケヴィン・ローチ・ジョン・ディンカルーアンドアソシエイツ、日本設計
施工:竹中工務店
地上43階、地下4階

shiodome21
ビルの谷間にあるサンクンガーデン。

shiodome10
サンクンガーデンの後ろに見えるのは電通本社ビル

旧新橋停車場

shiodome16
旧新橋停車場
2003年4月
設計:ジェイアール東日本建築設計事務所、日本設計
施工:清水組

元々の新橋停車場は、
竣工:1871年(明治4年)
設計:R.P.プリジェンス

ガラスの高層ビル群に囲まれて
洋館が建っているのはちょっと不思議な風景。
しかし、復元といっても、そっくりそのまま昔の建物を建てたわけではなく、
残っている平面図や写真を元に「往時の外観をできるだけ忠実に再現しながら、
現代の建物としてつくった」(東日本鉄道文化財団)そうなので、
期待したほどのレトロ感はなく、こ綺麗な現代建築という感じでした。

まあ、新しいデザインの高層ビルばかり建てるよりも、
こういう建物を再現することにはそれなりに意味があると思いますが。
私が建物ばかり写している横で、線路ばかり写している人もいて、
鉄道マニア的にはどうなんでしょうね。

 米国建築師プリジェンスの設計により、明治五年に建てられた新橋駅は、
その木骨石張りの斑入りの伊豆石もくすみ、十一月の澄んだ朝の光に
軒蛇腹の影を鮮明に刻んでいた。
 汽車はまだ入っていなかった。左右に線路を控えたひろい頭端式ホームには、
朝の光線が斜めに大まかにさし入って、その中に微細な埃を舞わしていた。

三島由紀夫『春の雪』より

shiodome15
いちばんレトロ感を味わえる左側面。

shiodome14
25mだけプラットフォームも再建。

shiodome13
横に敷設されているのは1873年の英国製双頭レール。

shiodome19
中は「グランカフェ新橋ミクニ」と「鉄道歴史展示室」

shiodome18
設計コンセプトは“融合”とのことだけど、
未来的な高層ビルと歴史的な洋館が並ぶ不思議な風景。

日テレPLAZA

shiodome20
汐留タワー(左)
2003年4月
設計:KAJIMA DESIGN
施工:鹿島建設
地上38階、地下4階
1~22階は資生堂汐留オフィス、24~38階はホテル、ロイヤルパーク汐留タワー
(じゃあ、23階は何? というのが気になるところ)

日本テレビタワー(右)
2003年4月
設計:三菱地所設計、リチャードロジャースパートナーシップ
施工:日本テレビ放送網新社屋建設工事共同企業体
(清水建設 大成建設 鹿島建設 大林組)
地上32階、地下4階
「鉄塔をイメージしたビルの四隅の巨大な構造柱は“バットレス”と呼ばれ、
地震の揺れを吸収する制震装置になっている」そうです。

shiodome
日本テレビタワーのバットレス。

shiodome04
日テレPLAZAで空を見上げていた女性。
汐留にはこういうぼーっとできる空間があちこちにありました。

shiodome01
日テレのキャラクター「シオタマ」が見守るテレビジョン。変な風景。

shiodome05
日テレPLAZAの大屋根広場。
日テレキャンペーン「&」(ア~ンちゃん)の9mサイズのバルーン。

shiodome06
日テレPLAZAの大屋根広場から見上げた汐留タワー。

shiodome26
正面から見るとまた違った外観に見える汐留タワー。
これで見ると窓ガラスがはまってないところが23階ですね。

shiodome03
メタリックな建物が多い汐留で
「親しみやすいテラコッタタイルを外装材として採用」っていうんだけど、
資生堂が入っているせいか、銀座の資生堂に似てると思っちゃうんだよなー。

カレッタ汐留

shiodome02
電通本社ビル
2002年11月
設計:大林組
デザインパートナー:アトリエ・ジャン・ヌーベル ジャーディ・パートナーシップ
施工:大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店

数ある汐留の高層ビルの中でもめだっていた、カレッタ汐留内の電通本社ビル。
フランスの建築家ジャン・ヌーベル氏によるこのビルは、
汐留シティセンターとともに「ガラス張りの高層ビルだらけ」
という汐留のイメージを作り出している気がします。
ビルのデザインはすごく美しいんだけどとても無機質で、汐留というスペース自体が、
どこか違和感と唐突さを感じるのと無関係ではないでしょう。

最近、こうした海外の有名デザイナーによる
奇抜で都会的なビルがたくさん建てられていますが、
それって本当に街の風景として正しいのかなとも思います。

ちなみに、カレッタとはアカウミガメの学名“Caretta Caretta”に由来するもので、
“スローライフ”の象徴なんだそうだ。
電通四季劇場「海」があるキャニオンテラスは、ジョン・ジャーディ氏のデザイン。

shiodome11
地上48階、地下5階
「白からダークグレーまで11色のグラデーションのガラスカーテンウォール」とか、
「フランスのガラスメーカー、サン・ゴバン社が製作した、
延べ3万平方メートルに及ぶセリグラフィー入りの強化ガラスが使われている」とか。
中央部分をエレベーターが上下する。

shiodome23
カレッタ汐留
「太古の“岩”を水が削りとって生まれた“渓谷”をイメージしたキャニオンテラス」
とのことですが、何のことだか。
電通四季劇場「海」があり、『マンマ・ミーア』のポスターが見えます。

shiodome24
カレッタ汐留のキャニオンテラスを正面から見たところ。