« 須玉歴史資料館(旧津金学校) その2 | Main | 大阪市中央公会堂見学会 特別室 »

須玉歴史資料館(旧津金学校)

Rimg0504b
須玉歴史資料館(旧津金学校)
1875年(明治8年)
設計:小宮山弥太郎
1988年解体、1990年復元
山梨県指定文化財

山梨に残る擬洋風建築。
明治6年~20年まで山梨県令をつとめた藤村紫朗にちなんで藤村式建築とよばれる。
藤村紫朗は殖産興業と近代化を奨励し、山梨に100以上の洋風建築を建設。
資料館の展示によると、山梨の就学率は一時期、国内2位を記録。
藤村が山梨を去る明治20年頃から下がりはじめ、全国平均を下回るようになる。
彼が山梨に与えた影響力の大きさがわかります。

藤村式擬洋風建築については須玉歴史資料館のサイトが詳しいので、
ここでは省略。(リンクをもう少し整理してくれるともっと読みやすいんだが。
須玉町は合併して北杜市になったりしてゴタゴタしているせいか、
リンク切れや写真がないページもあったりするのが惜しい。)
藤森照信の『日本の近代建築 上 幕末・明治篇』も参考になります。

津金学校はその後、津金尋常小学校、津金国民学校、
津金村立津金小学校と同村立津金中学校へと変遷。
明治校舎のほかに、大正と昭和に建てられた校舎があったが、
1985年、統合により閉校。
1988年、明治校舎を解体し、1990年に復元完成。
1992年より須玉歴史資料館として利用されている。

復元建築ってそんなに好きじゃないんですが、
この津金学校では復元からすでに年代が経過しているせいか、
新しすぎず、建設当時の面影を再現しています。
柱や床は元のものを使っているそうで、廊下を歩くとギシギシ音がなります。
昭和初期の教室を再現してあったり、実際に触れる展示というのもわかりやすい。

Rimg0567b
青空に映える白、青、緑というカラーリングも設計時を再現したもの。
当時、ペンキは外国から輸入したそうです。
車寄せに唐破風、いかにも擬洋風な柱頭、柱飾りに注目。

Rimg0580b
太鼓楼がよく見えるように裏から撮影。
チャペルの鐘の代わりに太鼓を鳴らしたというところがすごい。
(太鼓楼は1913年(大正元年)に雨水漏洩のため撤去。
以後、復元されるまで太鼓楼はなく、
展示されている昔の津金小学校の写真にも写っていません。)

Rimg0562b
1階休憩コーナー。復元された小学校教科書を手にとって見れます。
山梨出身の財閥、根津嘉一郎が小学校に寄贈した“根津さんのピアノ”も展示。
山梨県庁舎のときにも思いましたが、根津嘉一郎は金持ちなだけでなく、
地域の文化を育てることにも熱心な人だったようです。
休憩コーナーには蓄音機もあり、美空ひばりの『リンゴ追分』をかけてくれたのですが
とくにB面の『リンゴ園の少女』が綺麗な曲だと思いました。

Rimg0561b
1階入口にあるオルガン。小学校教員が寄贈したものだそうです。
自由に触ったり、弾いてみたりできる。彫刻が素敵。

Rimg0549b
1階のカフェ明治学校。黒板や教室用の椅子が並んでいてかわいい。

Rimg0544b
1階廊下。現在は受付に使われているが、職員室とかありそうな雰囲気。

Rimg0540b
1階廊下。トイレに続いているんですが、光が差し込む感じが陰翳礼賛。

Rimg0552b
2階の復元教室。昭和初期の教室を再現。
椅子に座ったり、教壇の上の始業ベルを鳴らせる。

Rimg0531b_1
2階の展示。楽器や天球儀など実際にさわって体験できるところが楽しい。

Rimg0533b
左は手回し式電話機。ハンドルを回して発電させてベルを鳴らす。
学校で電話の使い方を教えるための教材だったそうで、
実際に別の机にある電話機と通話して遊べる。
右は「ピンポンパンポーン」と鳴る鉄琴。

Rimg0535b
2階バルコニー。

Rimg0555b
ベランダ隅のコーナーストーン。石ブロックではなく木で真似しているところが擬洋風。

Rimg0557b
菱組み天井。透かしになってるので実際涼しいのだとか。

Rimg0558b
柱頭飾りの部分も漆喰でできている。
柱頭飾りというよりはダルマ落としの輪っかみたい。

Rimg0510b
太鼓楼に登る階段。超急なので、「足元に自信のない人は登らないでください」
との注意書きがある。

Rimg0509b
太鼓楼に登る途中の踊り場から、和紙が貼ってある2階の天井が見える。

Rimg0517b
太鼓楼内部。昔はここにつるした和太鼓で時を告げた。

Rimg0512b
太鼓楼からの眺め。天気が良ければ南アルプスが一望できる。

Rimg0582b
太鼓楼アップ。

交通アクセス情報や大正校舎についてはその2へ。

« 須玉歴史資料館(旧津金学校) その2 | Main | 大阪市中央公会堂見学会 特別室 »

Comments

明治建築の保存万歳。今日まで大切に残されてこられた人々のご努力に対して胸が熱くなります。保存に至るまでの苦労話など聞かせていただければ幸いです。

コメントありがとうございます。
私は単なる見学者なので、詳しいことはわかりませんが、
復元作業はずいぶんおおがかりに行なわれているので、
山梨県の肝いりだったのではないでしょうか。
決してアクセスのいい場所ではないので、
入場者数もそれほど多くはなく、経営は大丈夫なのかちょっと不安です。
最近になって運営がNPOに引き継がれています。
1階にできた明治カフェも経営努力の一環なのではないでしょうか。
保存と同時に現役で使われている建物が好きなので、ぜひ資料館として永続してほしいものです。

はじめまして!
目黒雅叙園の百年階段で検索してたどり着きました。
この資料館びっくりするほどとっても素敵です!!
写真もすごーくキレイで見とれてしまいました。

コメントありがとうございます。
私が訪ねたときはちょうどとてもいい天気だったのと、
日本家屋らしい光と影のある建物なので、
写真もキレイに見えるのだと思います。

すごく田舎にあるので、訪問しにくい資料館ですが、
展示もいろいろ工夫されてておもしろいし、
椅子に座っているだけで落ち着く空間なので、
お近くに行く機会があったらぜひ行ってみてください。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 須玉歴史資料館(旧津金学校):

« 須玉歴史資料館(旧津金学校) その2 | Main | 大阪市中央公会堂見学会 特別室 »