« 中之島 etc | Main | 大阪松竹座 »

大丸心斎橋店

Osaka202
大阪大丸百貨店(大丸心斎橋店)
1922年(大正11年)
設計:ヴォーリズ設計事務所
施工:竹中工務店
竣工:1期1922年、2期1925年、3期1933年

Osaka203

ヴォーリズによるアメリカン・ゴシックの好例と言われる大丸心斎橋店。
そういわれてみると、山の上ホテルにも似ている。
外観は3層に分かれていて、
下から白色(花崗岩)、茶色(スクラッチタイル)、白色(テラコッタ)で構成。
内装はアール・デコ。というか、ここは本当に百貨店なのか、というくらい豪華。
昔は百貨店ってこういう場所だったんだなー。

Osaka62

Osaka63
1922年の竣工後、2回の増築。
1933年の大拡張計画には佐藤久勝が設計に携わっている。
左側のビルは後に増築された部分だと思うが不明。
そのほか、何度も増築、改装を繰り返してますが、
基本的にヴォーリズの意匠を大切にしているとのこと。
2005年10月に「大丸心斎橋店建て替え」と報道されましたが、
大丸側は否定してます。2行しかないそっけないリリースが笑える。
最近できたものらしいですが、
中2階にはアールデコ調のカフェ「サロン・ド・デ・ヴォーリズ」があります。

1717年(享保2年)、下村彦右衛門正啓によって京都伏見に呉服店創業。
1726年、心斎橋に大丸開店。
1914年(大正3年)、現在の場所に店舗完成。
1918年(大正7年)、ヴォーリズによる大丸心斎橋店が完成するも、1年4ヵ月で焼失。
1933年(昭和8年)、現在の大丸心斎橋店が完成。
1945年、空襲で焼失した部分を修復。
1954年~1962年、8階部分を増築。
2000年、改装。

Osaka60
御堂筋側玄関。
そのほか、あちこちにダビデの星がモチーフとして使用されている。

Osaka61

Osaka201

Osaka59
大丸心斎橋店開店280周年記念ということで飾られていた呉服店の模型。

« 中之島 etc | Main | 大阪松竹座 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76665/9883738

Listed below are links to weblogs that reference 大丸心斎橋店:

« 中之島 etc | Main | 大阪松竹座 »