« 梅田阪急ビル | Main | 中之島図書館 »

大阪市中央公会堂

雨の中、梅田から中之島まで歩きました。

osaka05
フェニックスタワー
“WELCOMING-FLAG/幟”がイメージだとか。

nakanosima01
大江橋北詰
1935年(昭和10年)
一般公募により大谷龍雄のデザインが選ばれた。

nakanoshima02
右に日銀。

nakanoshima03
左に大阪市役所、中之島図書館が見える。

osaka06
大阪市役所
1986年
1921年(大正10年)に建てられた旧大阪市役所は1982年解体。

osaka07
旧庁舎にはかなうべくもないが、この手のデザインは嫌いじゃない。

osaka28
財政問題やなんやらでいろいろ言われている大阪市役所。
中之島図書館前からの眺め。

osaka09
大阪市中央公会堂
1918年(大正7年)
原設計:岡田信一郎
実施設計:辰野片岡建築事務所
施工:清水組
2002年改修
改修設計:大阪市住宅局営繕部、坂倉・平田・青山・新日設設計共同企業体

1911年(明治44年)、大阪北浜の株式仲買商、岩本栄之助が建設資金として100万円を寄付。
1912年(明治45年)、建築設計競技により最優秀案となった岡田信一郎の原案に
辰野金吾氏と片岡安氏が手を加えて設計。
1913年(大正2年)、建設工事着手。
1918年(大正7年)、竣工。
尾崎行雄や犬養毅、若槻礼次郎らの演説会、三浦環の独唱会、山田耕筰の演奏会、
ヘレン・ケラーの講演会、宇宙飛行士ガガーリンやテレシコワの歓迎集会を開催。
1970年代に老朽化により、取り壊しも検討される。
1988年、市民による保存運動の結果、永久保存を決定。
1996年、中央公会堂保存・再生プロジェクト技術検討会を設置。
1999年、保存・再生工事着手。
耐震性、利便性の向上、外観・内部空間を建設当時の姿に復元。
2002年、改修工事完了。国の重要文化財に指定。


osaka10
岡田信一郎というより、辰野式のイメージが強い。
辰野くんがよくやった方法らしいが、審査員として設計を選び、手を加える。
弟子とはいえ、岡田信一郎は嬉しくなかったんじゃないかなー。

osaka08

岩本栄之助は、米国視察の際に、
アメリカ企業のトップが、公共の福祉事業を支援していることに感銘を受け、
大阪市に100万円(現在でいうと30~50億円)を寄付。
しかし、その後、株取引で失敗し、無一文となり、
大阪市が援助を申し出たが、それも断り、
1916年(大正5年)、公会堂の完成を待たず、ピストル自殺。
辞世の句は「この秋を待たで散りゆく紅葉かな」。

osaka13
「ネオ・ルネッサンスを基調にバロック的な躍動感を加味した意匠」だそうです。

osaka11
1階はサンクンガーデン。
カフェ・レストラン中之島倶楽部がある。

osaka12
大阪市章の“澪標(みおつくし)”と鳳凰をデザインしたステンドグラス、
松岡壽が“天地開闢”を描いた天井画のある貴賓室(現・特別室)、
迫り出し舞台のある大集会室があるが、賃貸しのため、見学はできず。
1階の展示室でギャラリーが開かれていたので、1階だけちょっとのぞく。
改修の際にユニバーサルデザインをめざしているだけに、
トイレは自動で大きく両側にドアが開く仕組み。
市民の利用を推奨しているので、大集会室5万円(平日、午前)、
特別室2万3800円(平日、午前)から借りることができる。
結婚式(貴賓室26万2500円)だってできちゃいます。


« 梅田阪急ビル | Main | 中之島図書館 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大阪市中央公会堂:

« 梅田阪急ビル | Main | 中之島図書館 »