« 前川國男 建築展 | Main | 目黒雅叙園 その1 »

目黒雅叙園 その2

meguro57
目黒雅叙園
1991年
設計:日建設計
再利用計画、内装設計:アトリエM
嘘っぽい日本建築の門構え。後ろはアルコタワー。

百段階段見学の後は、1階の中華料理店『旬遊紀』でランチ。
中華料理の回転テーブルを発明したのは細川力蔵で、
ここはいわば回転テーブル発祥の地(前にトリビアでやっていた)。
玉城の間、南風の間などが再現されてますが、個室なので見学はできず。

現在の目黒雅叙園はその入口からしてバカ建築(ほめてる)。
さらに廊下に並ぶ浮き彫りの日本画、招きの大門、
アトリウムの中の日本家屋、橋のある再現トイレと、どこまでも派手。
悪趣味すれすれですが、百段階段を見てきた後だと
これが雅叙園の「来る人に楽しんでもらおう」という精神なんだなと思って納得。

目黒雅叙園は日本で最初に結婚式の総合プロデュースを始めたことでも
知られていますが、この日は仏滅の日曜ということでブライダルフェアを開催中。
1階のグリーンチャペルでも、5階のガーデンチャペルでも模擬結婚式が行なわれ
相談窓口には夜遅くまでカップルが並んでいました。

meguro58
入口正面の飾り。

meguro59
メゾン・ジェ・トウキョウ
ケーキやお土産品を売っている。

meguro65
長い廊下には浮き彫りの日本画が。
最初はびっくりしたけど百段階段の後ではそれほど驚かない。

meguro69

meguro70

meguro55
招きの大門
さすがにこれには驚いた。

meguro56

meguro72
大門を抜けた先は4階まで吹き抜けのアトリウム。

meguro75
アトリウムに取り囲まれた日本料理店渡風亭
秀畝の間は以前の部屋を再現したもの。

meguro46

meguro45
カフェラウンジパンドラ。

meguro49
パンドラの前には滝のある日本庭園。

meguro50
滝の後ろは通路になっていて通り抜けができます。

meguro51
日本庭園側から見たところ。

meguro52

meguro53
1階のガーデンチャペル

meguro54
模擬挙式中。屋根があるとはいえ、屋外なので寒そう。

meguro73
1階にある再現トイレの入口。

meguro66
再現トイレ。今でも十分びっくりだが、
昔のトイレは鯉が泳いでいたりして、もっと派手。

meguro61
ブライダル・ドレス・ギャラリーに向かう途中に
突如出現した南風階段
かつてのものを移築している。
なんでこんなところにと思ったら、元々、ここは目黒雅叙園美術館。
創業者、細川力蔵が収集した日本画を展示していたが、2001年6月閉館。

meguro62
堅山南風 画。

meguro40
4階鷲の間
かつての部屋が再現されているということでしたが、
使用されていたので見学はできず。

meguro47
廊下にはやはり天井画。

meguro48

meguro44
木村武山 原画『羽衣』の図。
かつて花魁通りにあったものを移動。

meguro42
5階ガーデンチャペル

meguro63
上から見るとこんな感じ。

meguro43
チャペルの近くの化粧室入口にはかわいい像が。

meguro60
1階フロント。

meguro64
客室専用エレベーターには孔雀。

meguro67
77周年記念ということで1日5組限定7777円で泊まれるプランがあったので
当然のことながら泊まってみました。
全室スイートというだけあって広いです。

meguro68
客室の窓から。目黒川が流れる。

meguro71
目黒駅に続く行人坂
この坂にそって百段階段が作られている。

昔も今も繁盛してるなんてすごいなーとのんきに眺めていたのですが、
後から調べたら
2002年8月、目黒雅叙園を経営する雅秀エンタープライズは
883億円の負債を抱えて倒産。
(雅秀エンタープライズの社長は細川雅義となっているので、
細川力蔵の家系の方でしょうね。)
その後、民事再生手続きを申請、会社更生法に切り替え、
米投資ファンド、ローンスターによる再建を経て、
2004年4月、結婚挙式サービス大手のワタベウェディングが買収。

百段階段と食事を組み合わせたグルメプランを売り出すようになったのも
会社更生法を申請してからだそうです。
(それまでは年数回の限定公開だった。)
「当初はだれもその価値の大きさに気づかなかった」
という社員の言葉が紹介されています。
おかげで私みたいなのが、のこのこ見学できるようになったわけですが
おそらく倒産の原因は1991年に行なわれた大改装でしょう。
改装の際に多くの部屋は復元されましたが、
アトリウムを作ったりするより、元の建築を修理して
今に伝えたほうが実は良かったんじゃないかと思ったりもします。

そういう目で見ると目黒雅叙園の過剰なまでの豪華さが
悲しくも見えるし、美しくも見えます。

« 前川國男 建築展 | Main | 目黒雅叙園 その1 »

Comments

雅叙園の旧関係者です。
今思えば「元の建築を修理して今につたえたほうがじつは良かった」とおもいます。大改装に消極的でその様な考えの者も多かったのですが僅かの差で大改装が決まりました。
詳細な写真、文章有難うございました。
「目黒雅叙園の過剰なまでの豪華さが悲しくも見えるし、美しくもみえます」まさに実感です。

旧関係者の方にコメントいただき光栄です。
改築に反対だった方も多かったのですね。

百段階段と目黒雅叙園の精神である“過剰なまでの豪華さ”が残っていることは、それでも幸せなことだと思います。
目黒雅叙園にはこの写真を撮ったとき以外にも、友達の結婚式や仕事で何回か行きました。結婚式場としてもイベント会場としても、いまでも愛されているのだと思います。

貴重なコメントをありがとうございました。

10月7日 姪の結婚式が雅叙園であり 初めて雅叙園利用 しかもお泊りしてきちゃいましたhappy01 50人程度のこじんまりとした披露宴 式は神前でおごそかに
サービス お料理はじめ とても 行届いた素敵な結婚式でした。
五反田に住んでおりますが 初めてなかに入り あまりの豪華さ・・・悪趣味に成らないのが不思議・・・に感動 招福門までのアプローチの秋色デコレーションや現在 百段坂で着物展開催中なので 豪華な着物も其処ここに展示されていて その上 大安吉日 着飾った人がたくさん まるで タイムスリップしたみたい 明治の舞踏会に迷い込んだみたい 夢の中の世界でした。今まで 前を通っても ただ 古いだけなんだろうなあって思っていました。完璧に覆されました・・・今出来の外資系ホテルなんて足元にも及びません。うれしいおどろきでした。
私は色留め 娘は振袖 色々悩んだ結果の着物での参加 雅叙園には絶対 日本の伝統 着物が似合います。本当に正解でした。生半可なチープなドレスでは 雅叙園の装飾に負けちゃいますね。
披露宴会場のお部屋も黒と赤が基調の素敵な日本式バロック???花嫁の白むくの映えること~テーブルセッティングやフラワーアレンジもセンスよくって 持ち帰りましたが未だに綺麗です。
なにもかも センス良いなって思いました・・・ら ワタベが仕切っているとのこと・・・納得think

泊まったお部屋は和スィート 畳の良さ 久し振りに満喫 お風呂は檜 サウナ ジャグジー 快適 1晩では 味わいつくせませんでした。 チェックアウトぎりぎり 正午までホテルライフ楽しみました~満足goodお部屋の鍵は カードじゃなく レトロなアクリルの棒みたいなナンバープレート付き鍵でしたよ・・・そこもポイント高しupwardright

そうそう 朝食ブッフェも至れり尽くせり 美味しかったし
皆さん 1度 泊まってみるべしwink

五反田の町会長のおじさんおすすめsmile殿様姫様みてーなトイレも エレベーターの扉も廊下の絵も 異空間体験でした。
外国人にも紹介したいです。喜びますよ・・・
私個人的には 女子会プラン 近いうちに利用したいです・・・早速 女子4人集めなきゃねheart04

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76665/8742116

Listed below are links to weblogs that reference 目黒雅叙園 その2:

« 前川國男 建築展 | Main | 目黒雅叙園 その1 »