« 東京ステーションホテル | Main | 外堀通り »

東京駅

tokyo49
東京駅
1914年(大正3年)
設計:辰野金吾

辰野くんの代表作であり、歴史的建造物でありながら、
今なお東京の顔である、東京駅。
全長335mの超横長。
当初は南口は乗車口、北口は降車専用だったが、
さすがに使いにくいということで改められた。
1945年5月25日の空襲により、屋根や天井の一部を損壊。
南北のドームは現在のような角型になり、3階建てから2階になった。
その後、たびたび高層化が検討されたが、10年以上にわたる保存活動のすえ、
1999年、保存・復元が決定。
2003年、重要文化財に指定。
2006年から保存・復元工事が開始され、2011年、完成の予定。
復元後は、創建当時のドーム屋根がよみがえる。

tokyo29
中央の正面玄関。

tokyo30
正面玄関は皇室専用なので、一般の立ち入りは禁止。
「柵の中に入らないでください」という看板がある。
現在でも、国賓の出迎えなど特別な場合のみ使用されるだけで、
一般の中央口は正面玄関の横に設けられている。

tokyo27
正面玄関の横にある駅長室。

tokyo28
2階は東京ステーションホテルの客室。

tokyo31

tokyo32

tokyo33

tokyo34
正面に立つ井上勝の銅像。
新橋~横浜間をはじめ、東海道線などを開通させ、
“日本の鉄道の父”と呼ばれた。

tokyo35
こちらは「愛の像」。
台座に「愛」と「アガペー」の文字が刻まれている。
戦後処刑されたBC級戦犯の遺稿集の販売利益を元に建立。
井上勝像と愛の像は、1969年から始まった地下工事のため、一時撤去、
長い間、国鉄倉庫に眠っており、1987年、再建立された。

tokyo44
東京ステーションギャラリー入口。
赤レンガの壁がそのままギャラリーの背景として使われていたり、
静かに展示品を見ているとホームの放送が聞こえてきたりするところが
独特の雰囲気があります。

tokyo41
東京駅南側。

tokyo43
東京駅南口。
屋根には零戦の廃材を利用したジェラルミンが使われているとか。

tokyo36
丸の内南口。ここも辰野式。

tokyo38
丸の内南口横にある東京ステーションホテルの宴会場側入口。

tokyo38b

tokyo37
ここらへんはボロい感じが残ってます。

tokyo39
南端あたり。2階は東京ステーションホテルの「フランス料理 ばら」。

tokyo40
さらに行くとこんな感じ。
はとバス乗り場などに使われているようですがボロい。

tokyo45
東京駅日本橋口(丸の内中央ビル)。

tokyo46
日本橋口からは日本橋コレドがすぐ近くに見える。
右側のビルも渋くてかっこいいなと思ったら、
前川國男の三井住友銀行東京中央支店でした。

tokyo47
八重洲口正面に立つ新橋町ビル。

tokyo48
東京駅八重洲口。
ここらへんは右を見ても左を見ても再開発工事の真っ最中。
この大丸も八重洲広場の再整備に伴い、姿を消す。

tokyo23
ライトアップ。

tokyo22

« 東京ステーションホテル | Main | 外堀通り »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76665/8742201

Listed below are links to weblogs that reference 東京駅:

« 東京ステーションホテル | Main | 外堀通り »