« 東京中央郵便局 | Main | 東京ステーションホテル »

丸の内八重洲ビル

yaesu01
丸の内八重洲ビル
1928年(昭和3年)
1962年(昭和37年)増築
設計:三菱地所
施工:大林組
地上8階・地下1階
鉄骨鉄筋コンクリート造

東京中央郵便局の斜め向かいにある丸の内八重洲ビル。
尖塔と1階の石積が味のある、すてきな建物ですが、
2004年3月、三菱地所は隣接する三菱商事ビル、古河ビルとともに、
丸の内八重洲ビルを建て替え、三菱一号館を復元する計画を発表しました。
三菱商事ビル・古河ビル・丸ノ内八重洲ビル建替計画

yaesu02
塔部分アップ。

yaesu04
塔を横から見たところ。
一見、シンプルな建物ですが、さりげない装飾が随所になされています。

yaesu03
三菱一号館は、三菱商事ビル(左)、古河ビル(右奥)をあわせた敷地に建設。
2006年着工、2009年竣工予定。

yaesu09
大名小路側から見た正面。

yaesu06
レリーフが見事な正面エントランス。(クリックすると拡大します)

yaesu07
大名小路側。左は三菱商事ビル。

yaesu08
部分アップ。

yaesu05
地下1階には期間限定でギャラリーが運営中。

yaesu15
1階の石積みのおかげでここだけ落ち着いた雰囲気のある通り。

yaesu16
古河ビルとの間にある狭いスペース。
かつては車道だったらしいが、現在は行き止まり。

yaesu11

yaesu14

yaesu10
微妙に色が違って格子のようにも見える外壁。
1983年に外装改修、1989年に天然石外壁リフレッシュ工事が行なわれている。

yaesu13
左に東京中央郵便局、その先右に丸の内八重洲ビル。
この風景も近い将来なくなる。

yaesu12
三菱一号館は1894年(明治27年)に建設された丸の内最初のオフィスビル。
設計はジョサイア・コンドル。
1968年に取り壊され、1970年に三菱商事ビルが建設されました。
戦後まで残っていた三菱一号館を取り壊し、
さらに丸の内八重洲ビルを取り壊し、かつての建物の形だけなぞったものを
復元することにどれほどの意味があるのか疑問です。
現在、公開されている復元予定図では、三菱一号館らしき建物の後ろに
お約束の超高層ビルが建っています。

多少、遅すぎる気もしますが、10月11日、日本建築家協会は
三菱地所に保存要望書を提出しています。
「丸の内八重洲ビル」の保存活用に関する要望書


« 東京中央郵便局 | Main | 東京ステーションホテル »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76665/14938279

Listed below are links to weblogs that reference 丸の内八重洲ビル:

« 東京中央郵便局 | Main | 東京ステーションホテル »