« 日本橋再訪 | Main | 三越本館 »

日本橋

nihonbashi01
日本橋
1911年(明治44年)
設計:米元晋一
意匠設計:妻木頼黄
1999年、重要文化財に指定。

1603年(慶長8年)、徳川家康の代に日本橋がかけられ、
全国各地へ通じる街道の始まりの位置とされる。当時は木造。
1911年(明治44年)、現在の石造橋が架設。
東京市技師の米元晋一が主任技師として橋梁設計及び工事を監督。
装飾部は、妻木頼黄の考案に基づき、東京美術学校が製作。

nihonbashi32
ルネッサンス様式の花崗岩のアーチ式橋。
御影石を使った石の橋は、現在、東京に2つ残されており、
その2つが日銀前の旧常磐橋とこの日本橋。

日本橋の銘は徳川慶喜の筆。
架設時に橋中央に立てられた“東京市道路元標”は、
昭和42年、日本橋通りの整備に伴い、橋の北西側たもとに移設。
代わりに50cm四方のブロンズ製の“日本国道路元標”がはめ込まれており、
これは当時の総理大臣、佐藤栄作の筆によるもの。

nihonbashi02
獅子と麒麟は手向山の運慶作を模したもの。
獅子は“守護”を現わしているとか。
獅子がもっているのは東京市の紋章。

nihonbashi03

nihonbashi04
グリフィンだと思っていたら麒麟。繁栄を現わす。

nihonbashi05
さらに、街道の起点の意味で、松と榎がデザインされている。

nihonbashi06
1964年の東京オリンピック開催に際し、高速道路を建設。
準備期間が短かったため、新に用地取得の必要がない
川の上空が高速道路の用地となった。
現在、日本橋再生の一環として、高速道路を移設し、
景観を取り戻そうという動きも起こっている。

nihonbashi07
ライトアップ。

nihonbashi08

« 日本橋再訪 | Main | 三越本館 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76665/44022866

Listed below are links to weblogs that reference 日本橋:

« 日本橋再訪 | Main | 三越本館 »