« 迎賓館参観 その2 | Main | 東京ドームホテル »

迎賓館参観 その1

赤坂離宮こと迎賓館の参観に行ってきました。
この迎賓館参観、5月ごろに内閣府のサイトや新聞に参観のお知らせが発表されて、
往復はがきに参加者(2名まで)と希望日(8月はじめの1週間から第2希望まで選択)
を書いて、応募します。
私は3年前、応募して当選したものの、仕事とぶつかってしまい行けず。
去年は気がついたら応募期間が終わってしまい行けず。
今年こそと、やっと参観できました。
ちなみに、2006年、2007年は改修工事のため参観は実施されません。
というわけで今年は参観できる人数が例年より多めにしていたようです。

palace01
迎賓館に続く並木道。にわか雨が降っていたのですが、ちょうど上がりました。

palace02
正門。こっから入れるわけではないのだ。

palace03
正門からのぞいた前庭。この庭にも入れません。

当選はがきがそのまま参観証になるので、それをもって西門へ。
参観日だけでなく、参観時間も決められていて、それまで待合所で待ちます。
受付では参観証のほか、身分証の提示も必要。
受付がすむと、パンフレットとシールが渡されます。
シールを目立つところにつけたら人数制限にしたがって、本館内部を見学。

palace44
これが参観シール。“五七の桐”の家紋。

palace41
外構図。見学は本館30分、庭30分の約1時間。
西玄関から入って、出口から主庭側へ出て、本館南側をぐるっと回って
前庭側の本館正面へ戻ってくるというコース。

palace42
本館1階。

palace43
本館2階。
参観できるのは彩鸞の間、花鳥の間、朝日の間、中央階段、羽衣の間。
館内は撮影禁止なので、迎賓館写真集をご覧下さい。

アンピール様式(彩鸞の間)とかアンリー2世様式(花鳥の間)とか言われても
正直よくわかんないんですが、まあ絢爛豪華な室内でした。
基本的には立派な洋式なんですが、天井画のモチーフが「羽衣」だったり、
ルネッサンス様式に七宝が飾られていたり、ライオンや軍艦、鎧が描かれていたり、
洋にいかに和を取り入れるかとか、国威発揚の気分とかが感じられます。

人数制限されているので、一緒に見学している人数はそれほど多くないんですが、
のんびり見ていると係員に「後ろの方のために前にお進みください」と言われます。
もうちょっとゆっくり見せてくれたっていいじゃん。
その部屋が実際に使われた外交文書の署名式や共同記者会見の写真などが
ところどころに展示されているので、外交関係の新聞記者になったほうが
室内の写真が撮れるんじゃないかとかバカなことを考えてみる。

palace04
室内見学後、出口から主庭の方へ。

palace05
オレンジのパイプは当然後からつけられたものでしょうが、
なんでこんな目立つ色のパイプなんだろう。

palace06
部分拡大。

palace07
部分拡大。丸いのは地球?

palace08
本館南側。

palace09
主庭。

palace10
庭から眺めた本館南側。イオニア式の柱が2本一組で12対並ぶ構造。

palace11
噴水。

palace12
噴水のモチーフもちょっと変。

palace13
グリフィンはいいとして

palace14

palace15
そしてこれは何? 踊る鯉?

palace16
噴水と本館。

まだ続きます。その2へ。


« 迎賓館参観 その2 | Main | 東京ドームホテル »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76665/44022869

Listed below are links to weblogs that reference 迎賓館参観 その1:

« 迎賓館参観 その2 | Main | 東京ドームホテル »