« 東京ドームホテル | Main | 日本橋 »

日本橋再訪

日本橋界隈には前にも来ていますが、日本銀行本店三井本館三越本店などを
見るついでに再訪。コレド日本橋と日本橋高島屋についてはまた後日。
すでに掲載済みの建物とほぼ同じですが、まあ、写真が違うので(笑)。
建物の詳細については以前のページをご覧下さい。

nihonbashi09
野村證券本店(旧日本橋野村ビル)
1930年(昭和5年)
設計:安井武雄
施工:大林組

「外壁のタイルの色調や陶器瓦(テラカッタ)の腰蛇腹などに
“土”の温かみは残してはいるものの、窓にも玄関にも装飾は全く姿を消し、
外観はただ量感(マッス)としての造形表現を厳しく追及している。
足元と頭を軽く中間を重くし、全体から部分にわたって、形の比例(プロポーション)、
垂直・水平の対比調和を厳しく追及する動的均整(ダイナミック・シンメトリー)の
設計手法が外観デザインの基本に据えられている。」
安井建築設計事務所のサイトより引用

nihonbashi10
野村證券本店と日本橋御幸ビル(旧日本橋東海ビル)
江戸時代、このあたりには晒刑場があったらしい。

kabuto21
日本橋御幸ビルの裏手にあるレトロな入口。
旧村井銀行のものを一部保存。
村井銀行は昭和2年に倒産。

nihonbashi11
日本橋御幸ビルの隣は老舗の寝具店日本橋西川ビル
その向こうはコレド日本橋

nihonbashi12
正面から見ると小さく見える野村證券本店だが、横はかなり長い。

nihonbashi13
江戸橋側の野村證券。後から建てられたものだろうが統一感のある作り。

nihonbashi14
大好き三菱倉庫ビル(旧江戸橋倉庫)
右隣りは“郵便発祥の地”である日本橋郵便局

nihonbashi15

nihonbashi26

nihonbashi21
江戸橋から見た三菱倉庫ビル。

nihonbashi16
日証館

nihonbashi17

nihonbashi18
川の向こうから日証館を眺めてみる。

nihonbashi19
上の写真を撮ろうとうろうろしていたときに見つけた素敵な看板建築。

nihonbashi20
お店の名前が「喫茶・軽食 桃乳舎」だから桃。素敵。

nihonbashi22
成瀬証券

nihonbashi23

nihonbashi24
山二証券

nihonbashi25

nihonbashi27
東京証券取引所
この近くにあった金万証券、山吉証券の建物はすでにありません。

nihonbashi28
日本橋に戻って柳屋ビルディング
1964年
丸善が入居していたのであれ?と思ったら、
日本橋丸善は建て替え中。

nihonbashi29
柳屋ビルディングライトアップ。

nihonbashi30
コレド日本橋ライトアップ。

nihonbashi31
野村證券本店ライトアップ。

« 東京ドームホテル | Main | 日本橋 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76665/44022867

Listed below are links to weblogs that reference 日本橋再訪:

« 東京ドームホテル | Main | 日本橋 »