« 甲府法人会館 | Main | 山梨文化会館 »

山梨県庁舎

甲府駅で途中下車するにあたり、調べてみたら結構、近代建築があることがわかり、
ついでといってはなんですが、散策してきました。

kencho10
山梨県庁舎 別館(旧館)
1930年(昭和5年)
設計者は不明。佐野利器が関わっていたのではといわれている。

kencho09
山梨県教育庁、山梨県警察本部の看板。
正面に車が停められていることからもわかるとおり、
入口としては使われていないらしい。

kencho02
“山”の文字?

kencho01
甲府城跡(舞鶴城公園)の向かいに見える山梨県庁舎。
いきなりレトロでうれしい。

kencho06
道路側から見たところ。丸窓のデザインがかわいい。

kencho07

kencho08

kencho11
裏手にあるドア。山梨中央銀行県庁支店と書いてある。

kencho12
こちらも裏手側。4階はあとから増設された部分。
正面入口といい、ツタがいい感じ。

kencho03
山梨県庁 議事堂
1928年(昭和3年)
旧館とデザイン的によく似てる、というか一瞬区別がつかない。
こっちは2階建て。

kencho04

kencho13
横から見たところ。

kencho05
山梨県庁 第一南別館
1930年(昭和5年)
旧県立図書館。根津嘉一郎(初代)より寄贈。
根津嘉一郎という人を知らなかったので、
調べてみたら、2代目ともども有名な実業家なんですね。
根津美術館は彼のコレクションが元になっているそうです。
1961年(昭和36年)2代目根津嘉一郎により増築。
1970年(昭和45年)図書館移転。

旧館と議事堂に気をとられて、
本館はまったく撮影していないんですが、
山梨県出身の建築家、内藤多仲(東京タワーが有名)の設計で、
建て替えが検討されたときも、彼の建築を残そうという意見が多く
(財政的に難しいという理由もあったみたいですが)
2002年、地下1階の柱を切断し、免震部材を設置する“免震化”が行なわれています。

そのほか、県民情報プラザが県庁っぽくない建物だなと思ったら
実は、旧甲府西武で1998年、西武が撤退したあと、県が買い取ったそうです。
現在、この旧甲府西武を含め県庁周辺のリニューアルが検討されていますが、
いずれにしても歴史的建造物は残す意向らしいので、ほっとしました。
→詳しくはこちら

建物の正面に車が停めてあったりして、じゃまだなぁと思ったのですが、
県庁設備として老朽化、駐車スペース不足は前から問題になっていたみたいです。
県庁移転も検討されたようですが、周辺の商店街の空洞化もあり、
移転計画がボツになったあたり、山梨も大変なんだなと思いました。
リニューアル計画も財政難から少しずつ進める予定だそうです。

「どことなくアカゼミツクの感じがする。
山梨にこんな建築は過ぎたるものだと言ふ人もあれば、
いやこれで相應しいのだとがんばる人もある。
山峽の盆地、瞳憬の觀光地帶としての山梨は、この建物がシンボライズする如く、
永遠に、モダンに、堅實に發展して行くことであらう。 」
『郷土風景』縣廰の眞顏より

« 甲府法人会館 | Main | 山梨文化会館 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76665/44022889

Listed below are links to weblogs that reference 山梨県庁舎:

« 甲府法人会館 | Main | 山梨文化会館 »