« 山梨県庁舎 | Main | 工芸館 »

山梨文化会館

ybs02
山梨文化会館
1966年
設計:丹下健三
地上8階、地下2階

“丹下マニア”というわけではないんですが、
甲府に丹下健三の建物があると聞き、途中下車。
北口を降りたとたん、「あ、あれだ」とわかる存在感、
現役の建物でありながら、すでに廃墟のようなオーラを発しているあたり、
さすが丹下健三。見に来てよかった。

“山梨文化会館”は、山梨日日新聞社、山梨放送など、
山日YBSグループ14社の総合管理会社の名前。
建物の地下にはYBSホールもあります。

「収容される新聞、放送、印刷の三つの企業体における
相互の独自性や関連性を処理するため、
三次元的ネットワークを、小さいスケールで実現しようと考えた。
“コミュニケーション・シャフト”と名付けた
直径5mほどのシリンダーを垂直の道と構造を兼ねて立て、
なかには階段、エレベーター、空調・電気などの設備システムを入れた。」
KENZO TANGE OFFICIAL SITEより

これをシンプル化すると静岡新聞・静岡放送東京支社になるのかな。
静岡新聞・静岡放送東京支社には山日YBSの東京支社があるそうです。

ybs03
正面から見たところ。
縦横4本ずつ、計16本の円柱並ぶ。
建物の前が空き地になっているので、ポツン感が漂う。

ybs01
山梨放送の電光掲示板が光る。

ybs04

ybs05
後ろ側。ひと目見ただけでは構造がよくわからない。
変なところに空間があるので、なんだろうと思ったら、
元から増設を意識してスペースが用意されていたらしい。
実際、増設が行なわれているので、当初の姿とは少し異なる。

ybs06
螺旋階段がなんだか不思議。

ybs07
おまけで、目の前の空き地から撮影した富士山と甲府城跡。

ybs08
逆に、甲府城跡から見た山梨文化会館。
建物の前は甲府駅。離れてしまうと意外とめだたない。
電車からも見えるのだが、どおりで今まで気がつかなかったはず。

« 山梨県庁舎 | Main | 工芸館 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76665/44022888

Listed below are links to weblogs that reference 山梨文化会館:

« 山梨県庁舎 | Main | 工芸館 »