« 山梨文化会館 | Main | 研数学館 »

工芸館

kougei02
東京国立近代美術館 工芸館
1910年(明治43年)
設計:田村鎮

旧・陸軍近衛師団司令部庁舎。
1966年(昭和41年)、北の丸一帯に森林公園を作ることになり一時は取り壊しが決定。
1972年(昭和47年)、重要文化財に指定、
             東京国立近代美術館の分館として利用することに。
1974年(昭和49年)、外観復元・保存工事、内部の改築工事。
1977年(昭和52年)、東京国立近代美術館工芸館オープン。

東京国立近代美術館に『ゴッホ展』を見に行ったところ、
入場まで120分待ちの行列ができており、
冗談じゃねえやと、前から行ってみたかった工芸館へ。
工芸館では、『伊砂利彦―型染の美』を開催中。
私のように『ゴッホ展』から流れてきた人も結構いました。
常設展示にトンボや甲虫をモチーフにしたブローチがあり、
「ラリックみたい」と思ったら本当にラリックの作品でした。
そのほか、四谷シモンの人形などもあり、
展示自体は小さいものの入館料200円はなかなかお得なのでは。

kougei01
陸軍技師、田村鎮の設計とのことですが、
これが本当に軍の建物と思ってしまうほどかわいい。

kougei05
入口。尖頭アーチがゴシック調。
両側の柱の飾りとか、四つ葉とかディティールがいちいちかわいいのだ。

kougei06

kougei04
中央の丸い飾り部分には、以前は菊の紋章がはめられていたのだそう。

kougei03
おりしも夕立があがったばかりで空がとても綺麗で
閉館後も外でパチパチ写真を撮りまくっていたら
守衛のお兄さんが扉を閉めるのを待っていてくれました。

kougei07
こんなところも凝ってます。

kougei08
裏側。

« 山梨文化会館 | Main | 研数学館 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76665/44022887

Listed below are links to weblogs that reference 工芸館:

« 山梨文化会館 | Main | 研数学館 »