« 富士屋ホテル 西洋館 | Main | コカレストラン、レバンテ解体 »

富士屋ホテル

hakone64
「山口仙之助は20歳のときアメリカへ渡り、
将来は牧畜事業がわが国に有益であると信じ、7頭の種牛を買い入れて帰国。
慶応義塾に入学し、福沢諭吉から国際観光の重要性を説かれ
牛を売却して得た資金を元にホテル業を決意。
1878年(明治11年)、500年の歴史を持つ温泉旅館「藤屋」を買収し、
富士屋ホテルを開業する。」
『富士屋ホテルチェーン』ホームページより
牛を売ってホテルを買うというところがものすごい。

hakone62
1階に続く階段。

hakone64
山の傾斜に建てられているため、玄関が地下1階、
階段を上がったところにある1階にメインロビーがある。
こいのぼりが泳いでいました。

hakone57
富士屋ホテル 本館
1891年(明治24年)
「社寺建築を思わせる瓦葺屋根、唐破風の玄関が特徴の建物」
登録有形文化財

hakone58
別角度から撮った本館。
ガラス戸に囲まれた部分はサンルーム。

hakone53
サンパーラー
地下1階から階段を登ったところにあるサンルーム。
神社のような赤い手摺が特徴的。
日曜日は結婚式の受付として使われていました。

hakone59
サンパーラーの手摺に巻きつく龍。

hakone60
サンパーラーからロビーに向かうところには猿と蛇が。
不思議に思って聞いたところ、ここを鬼門と見立て、
蛇を悪いものの象徴とし、猿は悪いものからホテルを守ってるんだそうです。
えらいぞ、猿。

hakone54
本館1階ロビー。

hakone56
回転ドアのラインも美しい本館入口。

hakone55
1937年、ヘレン・ケラーが富士屋ホテルに滞在したときには
ホテルで飼っていた尾長鶏を非常にかわいがったそうです。
ロビーにはその尾長鶏の彫刻が残されています。

hakone61
階段上は客室ですが、この日は結婚式の控室になってました。

hakone51
マジックルーム
かつて宿泊客の余興としてマジックを披露していたことから
マジックルームと名づけられているロビー。

hakone52
マジックルーム。
天井カーブのデザインは、ダイニングルームや
カスケードルームにも踏襲されています。

hakone50
オーキッドラウンジ
日本庭園に面したティーラウンジ。

hakone63
フォレストロッジから眺めた富士屋ホテル全景。
瓦屋根なので西洋館も上から見ると日本家屋のよう。


« 富士屋ホテル 西洋館 | Main | コカレストラン、レバンテ解体 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76665/44022895

Listed below are links to weblogs that reference 富士屋ホテル:

« 富士屋ホテル 西洋館 | Main | コカレストラン、レバンテ解体 »