« 聖路加国際病院 | Main | 明石小学校 »

カトリック築地教会

seiroka09
設立:1927年(昭和2年)
ギリシア神殿パルテノン形式
石造りのように見えるが木造モルタル建築

seiroka08
↑正面のドリス式オーダーの門柱が特徴だそうですが、
(なんのことだか私には意味不明)*
屋根の部分(?)のレリーフも素敵です。

*ちょっとだけ建築の勉強をしました。
ギリシア時代の建築様式は、ドリス式→イオニア式→コリント式と変化。
ドリス式の門柱はまん中にエンタシス(ふくらみ)があり、
木の幹のように上に行くにつれ細くなります。(イオニア式の方が柱が細く優雅。)
装飾は簡素で柱頭にも飾りはなく礎盤もありません。
(イオニア式、コリント式はもっと派手)
ドリス式の典型がパルテノン神殿。

屋根の三角の部分は、破風(ペディメント)と呼びます。
築地教会のペディメントは、バラとチューリップで飾られています。

« 聖路加国際病院 | Main | 明石小学校 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76665/44022957

Listed below are links to weblogs that reference カトリック築地教会:

« 聖路加国際病院 | Main | 明石小学校 »